私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「誰がために私は書く:将来へ」2017-2018

◆2017.10/3 恵比寿・シス書店にて、ゼミ仲間だった佐野裕哉くんが装丁し、文部科学大臣賞を受賞した、 山尾悠子さんの「角砂糖の日」を手に取ることが出来て嬉しかった。 美しかった。組版も紙もすべて美しかった。 ◆10/18 学校で学んだ事でゆいつタイポグラ…

ひとりきりの往復書簡(1通目)2019.04.11

誰も見てない。それが良くて、 誰にも通じない、それで良くて、 もう届かない。それを望みます。 -- 『ひとりきりの往復書簡(1通目)』 ◆4/11 -AM4:44 どうしても酒が飲みたくて、でも服用している薬のせいで飲めないし、 そもそもこの家には酒がない。 デ…

中村佑介さまへ:『風の色は緑色』完成版

イラストレーターであり、 私にとってS▲ILSというバンドのボーカル・ギターだった 中村佑介さんとの出逢いと、今の活動に至るまでの日記です。 そして、あの頃、今よりも人見知りで自分の気持ちを言えなかった、 (中村さんも今より尖ってた)、 10年以上か…

「ライターへの転換:note始める」2017.08.15

:「自分にだけ猛烈に気になる部分があって誰にも頼まれてないのに やり続けてしまう、追求してしまう」そういうのが皆ある。 昔、私が勘で書いた「誰にもならなくていい事を知った」って言うのは 誰かに憧れなくてもいい自分じゃなくて、誰かの期待を背負わ…

「病院を見放す:ソール・ライター」2017.06.11

:私はパーソナルスペースが広い割には、他人に感情移入しやすく境界線が曖昧で。 人が頑張った事や乗り越えた事をただ応援した立場であっても 「自分も一緒に乗り越えた」と思ってしまいがちなので、 気付けば自分の歩みが止まりがち。 逆に言うと必要以上…

「ライヴ:blgtz」2017.05.26

:「人生では自分で選択して決めるべき場面はあれど、 自分で自分の人生をコントロールするって思いは早々と捨てた方がいいな。 それが阿呆なのでずっと解らなかった。 私は天命に天秤を持つ女・天秤座なので、公平な判断を必要とする瞬間に呼んでもらえると…

「地球回ってるからいっか」2017.05.21

:基本的に私は、帰って来ないひとをいつも待っている気がする。 (でも人生は長いので、意外とひとは数年や10年も20年あれば帰って来る、 と最近思った。生きてる限り。) ◆5/2 長く長く生産活動を出来ていない事に、毎日めちゃ焦ってるけど、 まず消費活動を…

「電車に乗れた日:リハビリの成功」2017.03.25

:友達の人生が「人生でやってみたかったことのひとつひとつを消化し続ける人生」なら、 私の人生は「人生でつまずいた部分だけを何年も何年もかけてクリアにしていく為の人生」。 ------------- ◆2/12:1年半ぶりに電車に乗る 疲れた。 - 電車の扉が閉まる…

「恋愛対象」2017.01.26

◆1/15 海外を飛び回っている友達が、私が送った詩集をいつも持ち歩いてくれているらしく、 「その土地土地で解釈が変わる」って言ってくれて泣きそうに嬉しい。 友達は今、地球の南半球で強く全力で暮らしている! 生活もダルダルだし守られている、「詩人」…

「オシャレを捨てるなんて死ぬ事と同じ:集団カウンセリングの拒否」2016.12.13

◆11/3 髪を切りっぱなしボブにしてもらった。一人で美容院に行けた。 いつもは洗面台での仰向けで脳貧血を起こすのでサッと濡らす程度にしてもらうんだけど、 今日は頑張ってトリートメントもしてもらった。 ちょっとしんどかったけど、幸せな時間だった。 ◆…

「人生とは:静かなリハビリの記録」2016.10.30

:「私は実家と縁を切る事にした」と言っても、それで私がすぐに自由になるわけではなく、 1年経っても未だに、週4.5で父と母に「間違い」を怒鳴る自分の夢を見続けていて。 一言二言あれば解決したとまだ思ってる私を振り払う為、 今、金と時間をかけている…

「ポケモンGOとリハビリの相性」2016.08.19

確信のある一言がいつも色んな人に言えたなら、伝えられたなら、 色んな人と友達にもなれるし、活字なんて必要ないのになぁっていう、 常に無力感は感じているよ。 活字は一方的に終わる事もしばしばだから。 早く口が達者になりますようにって云う遠い願い …

「私たちは救われたい:カウンセリング」2016.06.29

◆5/19 私も妹も、常にいつも、何をするにしても「どこまで」やり込めばいいのか分からず、 「完成」が遠くて、人に「見せられる」「出してもいい」ラインが分からない。 という話をカウンセリングでした。 締切が来ようと、自分が許せないと出せない。 ちょ…

フォントワークスさんの書体見本帳に載ってた!

最近知ったのですが、2014年(!)のフォントワークスさんの 筑紫書体使用見本帳(「筑紫書体、ファミリーへの展開 2014.11」)に 戸田ツトム先生の作品紹介ページでですが、 私の本を小さく載せて頂いていました! 小さいですが、 杉浦康平先生や寄藤文平氏…

「夫婦と救急車」2016.04.21

◆4/19 夫が高熱呼吸困難で倒れて、生まれて初めて救急車が来た。 私はまだ乗り物に乗れないので自室待機。何が起きたか分からなくて呆然としている。 とりあえず、混乱しながらも、デザイナーの夫の仕事の引継ぎをきちんと会社に伝えれた自分を褒めた。 デザ…

発売中の『紙手水本 Ⅱ』に掲載されています。

新宿書房さんより3/1に発売された『紙手水本 Ⅱ』に、 大学時代に作った私の白い本3部作*も掲載されています。 *掲載作品「 音をつむげないひとの為の、図形楽譜」「コンクリート・ポエトリリック・スペース 書く女、ひとりひとりが生き残る者である。」「私…

「大塚幸代さんがもういないのを知った日」

土に沿って風に、陽が頬を射した4月の日曜日の午後、 大塚さんがいなくなったのを私は、インターネットで知りました。 「大塚さんがもういないのを知った日」 -- ◆4月が数日も過ぎて、胃を痛めた去年の春もどこへ、 また同じような春が来てしまったって思っ…

「春とリハビリと」2016.03.31

◆3/3 今日も病院で、A4・3枚分に書き出した「過去」と向き合った。 「この家庭環境にしては、真っ直ぐ育ってる方だと思うよ」 っていう言葉を貰って、それは今まで出会えた人達のおかげに違いないと 頭によぎって、グッと感謝した。 ◆3/4 映画「ゴッド・ヘル…

「カウンセリングとパニック障害と」2015.夏-冬

:2015年年明けに私は結婚して、ようやく戸籍が実家から離れ、 私は自由と新しい姓を手に入れた。好きな人との人生を。 それでも続く、毎日部屋で実家のトラウマを思い出しては大泣きする人生を捨てたくて、 私はカウンセリングに通う事にした。 その前後く…

(無題の愛)2015.07.20

私はもっともっと意味のない事を沢山言いたい。 パーソナルから切り離されていて、 匿名で!流動的で!人ごとで!音感的で!かわいくて!ポップで! 記号的で、 まったく意味がないことを言いたい。 深く掘り下げようとしたり、意味を持ったり、解析したり。…

「私は怒れない」2015.05.26

◆5/26 「出来るだけ怒り(自分の気持ち)を見せたくない」が普段根底にあると、 いざ怒る時に究極の状態で怒りを伝える事になるのと、 どうしても人に怒りを伝え馴れていないので、抑制の爆発と共に、 言った自分の言葉が煽るように全部自分に向かって来て、 …

(:詩の時間です)2015.05

他人のことしか見えないし、 他人のことも見えない。 少し譲歩したら感動出来る。 あなたに対する目が 厳しくなってしまった。 #poetorium 記録を怠ると私の人生は なかったことになる。 人生は失っていくから、やることが増えていくんだわ。 皆が私を諦める…

「訃報」2015.04.05

◆4/5 ずっとファンだったフリーライターの方の訃報を知る。 言葉にならない。 縁があって、2度お会い出来た、ずっと伝えたかった事も伝えられたし、 自分が作った本も見てもらえた。 声は歌う時と同じ声だった。 大塚さんは、 渋谷系を体感出来なかった時代…

「冬の深呼吸」2014.12.31

言葉を使う時間は限られている、2014年の冬の深呼吸を。#poetorium ◆12/31 「飛行機雲続いていれば、私は私。 幸せになります。手紙を書きます。 新しいアドレス。」 『雲に隠れて』市川実和子 #nowplaying

「私は他者を受け入れる人生を選びたい」2014.10.17

他者との関わりを諦める事なく持ってして、 人の人生が永遠に輝く仕組みになっていますように。 #poetorium -------- ◆10/8 木皿泉の新しいドラマが始まって嬉しい。 私は「バンド」が維持していられる「一瞬の奇跡」も好きだけど、 2人組で居られる奇跡にい…

「神戸と狂った家の終わり」2014.09.18

◆9/3 -神戸帰る。 実感として忘れていたけど、 家奇妙だから、もっとしっかりしないと。 こっちの気が変になってしまう。 奇妙のひとつひとつがビシビシ辛いけど、 東京に持って帰ると蝕まれるから、一個でも断ちたい。 (神戸の街の事は本当に大好きで、だ…

「助けて,と私の悲鳴。」2014.08.02

------ 無闇矢鱈に感動しいな訳ではなく、 日常でほとんど1ミリも何にも心が動かないから、 心が動いた瞬間の事を正義だと思って、私は記録をする。 だから人を褒める。 それが今の所の私の正しさであると。 どうか。誰か。広く。狭く。 #poetorium (他人に…

④「プラトー: 永い活動休止」2014.04.11

気の強そうなあの人達は皆 あなたを置いて行ってしまった。 気の強いあなたもまた皆を 追い越してこんな所まで来てしまった。 今日はゆく もう帰ろうなんて、もうやめよう、なんて思わないけど、 こんな所まで来てしまったんだって。 #poetorium 『そんなあ…

③「プラトー:最終日まで」2014.03.23

◆3/21 会場が閉館してから、画家の友人とカフェで遅くまで話した。 搬入の私の落ち込みから昨日の奇跡的な一連の出来事までを聞いてくれた。 いつかの大学時代のように、あれやこれやの会話のセッションを、 私たちの数年間を、ボイスレコーダーに記録した。…

②「プラトー:本を売る?」2014.03.20

◆3/20- 搬入時、誰にも理解してもらえなかった詩集の試み。 1【詩集「アンドロメダのあと半年」】 出せなかった手紙と共に振り返る、ある半年間の話を詩として並べました。 本編前半と後半の間には、短編「青の科学と星の名前を永遠にね、バイバイ」 という1…