私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

2005年へ簡易リンク:「風の色は緑色」

※スマホの人は「カテゴリ」検索が出来ない仕様で 一番最初まで遡らなくちゃいけないので一時的に簡易リンクを※ ◆2005年17才の夏休み+2016年後日追記 ↓ ◆2005年夏休み後の進路変更+2016年後日追記 ↓ 2013年5年ぶりにお会い出来た時の日記、執筆中、後日公開…

フォントワークスさんの書体見本帳に載ってた!

最近知ったのですが、2014年(!)のフォントワークスさんの 筑紫書体使用見本帳(「筑紫書体、ファミリーへの展開 2014.11」)に 戸田ツトム先生の作品紹介ページでですが、 私の本を小さく載せて頂いていました! 小さいですが、 杉浦康平先生や寄藤文平氏…

発売中の『紙手水本 Ⅱ』に掲載されています。

新宿書房さんより3/1に発売された『紙手水本 Ⅱ』に、 大学時代に作った私の白い本3部作*も掲載されています。 *掲載作品「 音をつむげないひとの為の、図形楽譜」「コンクリート・ポエトリリック・スペース 書く女、ひとりひとりが生き残る者である。」「私…

「大塚幸代さんがもういないのを知った日」

土に沿って風に、陽が頬を射した4月の日曜日の午後、 大塚さんがいなくなったのを私は、インターネットで知りました。 「大塚さんがもういないのを知った日」 -- ◆4月が数日も過ぎて、胃を痛めた去年の春もどこへ、 また同じような春が来てしまったって思っ…

「魔の名付く女に生まれて」 2013.08.07 

-私は脱ぎっぷりの良い女が好きだ。 ある種の「正しさ」さえ感じる 自分が堂々と脱げる体をしていない事も含め、 脱ぎっぷりの良い女が大好きだ。 大学生の時に私は、1960年代からお芝居や映画で活躍されてる 「緑魔子」という女優さんの事を大好きになった…

( 女の子の絵は瞳 ) 2013.07.19

◆"スルッとKANSAI"とかカード定期のノリ(癖)で いまだに毎回PASMOを改札の切符投入口に意気揚々と突っ込んでは、 ついにはじき出されずに中で詰まって、PASMOを壊すの巻。 - ◆ヒカリエでやっていた「内藤ルネ展」へ行った。 大学時代、講義中に自伝を夢中…

( 人と付き合いたい ) 2013.05.19

◆付き添いでお洒落街を歩く事になり 高圧的洒落っ気に圧倒ぎみに、お腹が痛くなる。 水原希子に会った! っていう通りで、もちろん水原希子に会う事はなかったけれど。 ◆行ってみたかった本屋さんに行けた。 雑居ビルの一部屋を改装して入っていて、佇まいに…

( 静かな春 ) 2013.03.28

桜満開だった。 バドミントンする時、私は高校生の頃からギャーギャー言いながら 羽を空振りするのがバドミントンだと思ってて、テンションがあがる。 子どもの為にある公園大好きだ。 作り物の信号や横断歩道、汽車やおっきな噴水 ちいさなフェイクが好きだ…

■ 2012.12.31

プールに飛び込んで安定するまでに聞こえる外の音とか 水の音に似ている時間を過ごしている。 ◆12/7 今はなんか色んな事に自信なくて、 人との関わりを遮断している結果になって。 静かに洗濯とご飯と掃除とか買い物とか。 一瞬しあわせなんだけど、 色んな…

同時多発ツイート連詩、参加してみた。 2012.10.15

「ねてもさめても」: - もう終わらなかったらいいな 、 水彩の都市の向こう側。 あの娘がいない、 まだ来てない。 あの娘が来ない。 私の傘が赤からビニイルに変わったとき、戻れない音がした。 そんな発音はしない。泣いて笑う、それを信じていつも。 歌は…

■ 2012.10.13

◆10/13 そもそも、解決にこだわるのを辞めることにした。やめた。

「静かな生活」 2012.10.08

出先からお野菜ブーケを持って帰って来てびっくりした。 全て本物の野菜で、スーパーに置いてあるサイズより小さな大きさで可愛い。 結婚式で頂いたブーケ。 枯れていくお花を見るんじゃなくて、全部まるごと食で頂けるって素敵だ。 今日はこれでカレーを作…

「東京だよ。(歳をとった)」 2012.10.05

◆-/- 「浅草花やしき」で、私は人知れずひとつ歳をとった。 高所恐怖と落下恐怖同士の、 すごくハードルの低い遊園地の楽しみ方をした。 それが実はとてもよかった。 15才の冬のとき、 神経と心を焦がして聴いてた歌詞と同じ年齢になった・ 私、当事者になっ…

「だって色鬼はいつまでも、はじまらない。」 2012.09.21

- - ◆9/21 tokyo art book フェアに行った。 大学キャンパスでの開催な事やジャンルもzineなので 文学フリマの時よりも毛色違いを感じず落ち着いて場に居れた。 個人的にzineは閉じた後に (今わたしは何を見ていたのだったろう)って気持ちになる それを私…

( もう無理終わり ) 2012.09.17

◆9/13 こころがずっと砕け、散っている - ◆9/17 日が暮れそうでも、ここには居たくなくて なんとなく電車に乗って三宮まで下りる。 センター街の花屋さんの店先を通ったら、 虹色の花びらをした薔薇が出ていて びっくりして立ち止まった。 造花でもなかった…

「23区でいちばん静かな部屋」 2012.07.14

風邪ひいてるけど(発熱する力なく) いつものダルさで、 一日静かに家にいます。 この部屋が東京23区内でいちばん静かな気さえします。 風が強い、 カーテンが超なびくのを見たいが為に、窓を開けてる。 ひとりは決して好きじゃないけど、私はひとりじゃな…

「敏感すぎて超鈍い。」 2012.06.03

人に口で何か言われたとき、意味が脳に届くより先に 語感に頭が殴られて、目がチカチカして、 (この人「何」言ってんだろう)すら思わない時があって。 言葉を反復する内に、いつの間にか言った人より もはや私の言葉になってて 今も頭の中で4つくらい同時…

視覚詩ユニット『アナグリフ、ひどい音。』文フリに出品しました。 2012.05.05

5/5「第十四回文学フリマ」@東京・流通センター 今回は、こたにな々+アオシマキノウ の視覚詩ユニット 『アナグリフ、ひどい音。』として参加しました。 2008年〜2012年までexciteブログで交換日記のように 代わる代わる同じ文体や温度・視える色で綴った…

「東京の夜の現在地」 2012.04.06

http://hihumiyo.net/tokyo.html ◆4/5 -上京、再び。 あー! 一応「LIFE」聴いてるけど、今全然そんな気持ちで無い。 「春にして君を想う」って、んー、かぶって来たベレー帽すら重いような 早く帰りたい気持ちになったら...(どうしようー!)って変な不安…

「女子、受動範囲物語。」 2012.04.01

草間彌生展、ムリだった! 1秒もまともに見れなかった。 気持ち悪くて気持ち悪くて、ハッ!としてはアワアワしながら流し目で 作品を確認しつつ足早に飛ばしぎみで急いで観た。 来場してた大半の女子達の「可愛い」「可愛い」って声を聞いて、 (うそ!?「…

( ≒詞 ) 2012.03.28

目が覚めた瞬間にすごく鼓動が速くなる日が昔から。 一生の心臓の鼓動数は決まっていると聞いた。 なのに生命線が、生きれば生きるほど伸びるって! やめてくださいよ、神様ほんと、マジで、そんなこと。 「ステマ」って私、ずっと「捨て駒」の略だと思って…

(夢うつつ会話) 2012.1.29

嬉しい手紙をもらったけど、あなたは宇宙みたいだと思う私なので、 そう思うとわたしなんか、空き地の平たい土のような 掘ったらすぐコンクリートに行きあたる。だから、できたら私のこと、 あんまり知ってかないでほしい。と思うけど。 でもそれでも、なん…

「ポップってなーに?」 2012.01.28

◆1/26 午前4時 大貫妙子「都会」#nowplaying 泣きそうになるぐらい良い 今日はなんか嬉しかった。色んな人に会えたし、いよいよちゃんと挨拶もしたし。 ここ数日よく、お手紙お便りが届く。開けて、 私のこと覚えててくれてるんだなと思うと、なんかもう4月…

「金曜日の白黒映画」 2012.01.25

◆最近、映画観てない。 部屋を真っ暗にして寝る準備は万全で、 白黒・うっすらカラーのサイコサスペンスとか推理ものを、 眠くて意識途切れながら観るのが私は好きだ。 PCの光り方がはっきりしないカラーでぼやけて、部屋に反射して照らす光が好きだ。 気付…

「泳げない魚の現実」 2011.11.27

◆11/24 神戸ビエンナーレ、元町高架下のだけ見に行った。 三浦真琴さんという方の「スブ ヨア メオレ」とい作品がすごく良かった。 点描みたいなうねった線がガラスに細かく刻みこまれていて、 なにか圧倒的で目が離せず、近づいてよく見てみたら、それは全…

「嘘つきって言われた」 2011.11.21

◆11/21 嘘つきって言われた。・ 相談に言った時 言わせてしまった。私は恩師に。 今まで生きてきた中で、人が口から放った言葉がこんなに鮮烈で鮮明で ガクンッとくるなんて、それがもう問題だと思った。 いつも冷静で厳しい優しさで答えてくれる先生に私は…

(未来予想図通信) 2011.11.10

北園の時も思ったけど、朔太郎も例に漏れず めちゃくちゃ可愛い字を書く人でした。 丸くて、へろへろで。 そう思うと、これから好きになっていく人もみんなそうなのかな、 なんて思ってしまいます。 たぶんそんなことないんだけど。 --- (2016年追記) まさ…

「血縁につぶれる。」 2011.11.02

一度、背負っているもの全部降ろしたい。 自分の中の記憶もない血が重くて嫌だ。 逢ったことがない先祖の血、根強く刻まれてるDNA、 産まれた時から付いている名字、大げさでもなくて 本当ににここを認めないと、いつまで経っても問題が解決しなくて、 自分…

「あなたが付ける、わたしの名前」 2011.10.28

久しぶりな友達に「わ!電話しよ!」って急に思ったら、 急に会えることになってこんな時の人生はたのしい! 今日はやっぱり「人生はタイミング」で、必要なここッ!って時に 縁を繋いでくれては生き延びる。 言葉が言葉を繋いでは、線になって。 世界を飛び…

「生きる為には生きる道を行く」 2011.10.15

あまりにも皆が下の名前で呼んでくれねーから、 ついに最近、こたには自分のことを「こたに」と呼ぶようになった。 ◆10/4 「私は幸せになりたいだけだから、連れ戻さないでくれ。」夢の中で私が言った。 本音だと思う。今日は変な気分で空間系の音を聴きなが…