私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

【展覧会・販売・活動】

フォントワークスさんの書体見本帳に載ってた!

最近知ったのですが、2014年(!)のフォントワークスさんの 筑紫書体使用見本帳(「筑紫書体、ファミリーへの展開 2014.11」)に 戸田ツトム先生の作品紹介ページでですが、 私の本を小さく載せて頂いていました! 小さいですが、 杉浦康平先生や寄藤文平氏…

発売中の『紙手水本 Ⅱ』に掲載されています。

新宿書房さんより3/1に発売された『紙手水本 Ⅱ』に、 大学時代に作った私の白い本3部作*も掲載されています。 *掲載作品「 音をつむげないひとの為の、図形楽譜」「コンクリート・ポエトリリック・スペース 書く女、ひとりひとりが生き残る者である。」「私…

同時多発ツイート連詩、参加してみた。 2012.10.15

「ねてもさめても」: - もう終わらなかったらいいな 、 水彩の都市の向こう側。 あの娘がいない、 まだ来てない。 あの娘が来ない。 私の傘が赤からビニイルに変わったとき、戻れない音がした。 そんな発音はしない。泣いて笑う、それを信じていつも。 歌は…

視覚詩ユニット『アナグリフ、ひどい音。』文フリに出品しました。 2012.05.05

5/5「第十四回文学フリマ」@東京・流通センター 今回は、こたにな々+アオシマキノウ の視覚詩ユニット 『アナグリフ、ひどい音。』として参加しました。 2008年〜2012年までexciteブログで交換日記のように 代わる代わる同じ文体や温度・視える色で綴った…

「文学フリマ」に出品しました。 2011.06.12

「第十二回文学フリマ」 東京/大田区産業プラザPiO ◆6/12 「文学フリマ」という“文学”に関係する冊子を即売する、 コミックマーケットの”文学”ver.のようなものに初めて参加しました。 「不確定視覚内容物(Indefinite Visual Contents)」 という1人の男の…

「本展2011」無事終了しました。 2011.3.10

*私は「 音をつむげないひとの為の、図形楽譜」「コンクリート・ポエトリリック・スペース 書く女、ひとりひとりが生き残る者である。」の2冊出品です。 ◆3/7 神戸元町 OLD BOOK & GALLERY SHIRASAでの 「本展 2011」無事終了しました。 ほとんど場にいな…