私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「今度生まれ変わったら」 2006.07.10 23:14

 

f:id:poetorium:20160323220800j:plainf:id:poetorium:20160323220817j:plain

 

甘え上手な人になりたいなぁ。

そんな、「まだ心開いてない他人になんて死んでも甘えられません。」

とかじゃなくってさ。

もっと楽にね。気軽にね。

日常の中に甘えるが自然にあるような。

 


本当の意味ではそれ(甘える事が当たり前になってる)って

可愛げが無い事になるのかもしれないし、

無器用な事に愛を持ってくれる人も居るのかもしれないけど、

私やっぱりもっと気軽に人になついたり、とか、

それがどんなに短い時間の中で会う人だったとしても、

もっと愛想を、人間みを見せていけたらいいのにな。


って最近になって思いかけてきた。

もう隙を見せちゃいけない。とか、敵だ。とか、

そういうの、いいかも。要らないかも。

 

 

愛想悪いとか、無表情だとか、恐いとか、怒ってんの?とか(怒ってねぇよ)、

何考えとうか分からんだとかも、もういい。かも。

何よりもね、いつも好きな人達にいまいち愛が伝わってないみたいなのも

哀しい事で、

自分の分かりにくい愛情表現とかも、もういいのかもしれないな、って思う。

 

 

でも、人付き合いというのがよく分かんなくて、苦手で、

やっぱりすぐには私変われなくて、

また声出なかったりだとか笑えなかったりだとかするんだろうけど、

それでもちょっとずつ意識から変えていってみようって思う。

 


だって、来世までなんてやっぱりちょっと待てないからね。