読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「This is guitar pop !!!!」 2006.08.25 06:37

 

 f:id:poetorium:20160323235231j:plain f:id:poetorium:20160323235254j:plain

   f:id:poetorium:20160323235243j:plain

 

07/22(土)
-spaghetti vabune! 2nd album release party!-
「GUITAR POP GRAND PRIX Shangri-La cup」
@梅田Shangri-La
<出演>
EeL,polyABC,capsule,spaghetti vabune!
DJ:グルーヴあんちゃん
----------------------------------------------

  

前々回のS▲ILSのライヴで共演してた、

chocoことチイコさんが告知していたのを聞いて、今日空けときました! 


スパゲッティ・バビューン!レコ発パーチー!!

つけまつげもパーティー仕様。ラメラメ! 

 

前日寝る前にバビューンのサイトで、

スタッフえだまめさんのシャングリラまでの道案内を確認。 

おかげで今日もすんなりライヴハウスに到着!

(ありがとう、えだまめさん!)


◆梅田シャングリラ、ヤシの木が立っいて、外観も中もめちゃめちゃ綺麗です。 

扉を開けた瞬間、重低音のきいた音楽がガンガンかかっていて、

シャンデリア2個とミラーボールなクラブ的おしゃれ空間そこにあり。

心なしか、女の人も男の人もおしゃれできれいな人が多かった。

◆扉の横にひときわオシャレな服飾系ファッションを着こなした、

きっっれーな男の人がいて、 

「あら?あれはもしや、capsule中田さんでは?」

と思いつつ、前の方のフロアへ移動。

-


◆1番最初は Eel

ギター(「赤犬」の人)とベースの男の人が左右に1人ずつ。

真ん中にEelさん。 

出てきた瞬間思った事は、 

白くって、細くって、お洒落で、ピョンピョンはねる動きがかわいくって、

おおー!これが渋谷系かー!!!(感激)と実感。衝撃的。

 

あのね、渋谷系な女の子は動きが決め手なんだと思った。

 

皆、動きがギターポップなんだ。

皆ね、動きがすごい。間接の、筋肉の動きが、動かし方がガーリー

これはね、すごい決め手。

動きでギターポップ度は増す。

 

◆音楽はピコピコしてて、重低音がすごいきいてた。

ちゃんとしたメロディーというよりは、フレーズを繰り返してるような、

けっこう短い曲が多かった。

右位置に居るベースの人がどうやらしゃべり担当らしく、上手にまわしてた。 

鏡割りならぬ、レコード割りありの、極楽山本コールありの、

ギターの人がフライングVを掻き鳴らす姿がおちゃめな、そんな感じ。

-


◆2番手 polyABC

久しぶりのなおみちさんは女度があがってらした。

CD持ってるけど、正直あまり好みじゃないって思っていたのだけれど、

すごい良いライヴだった!!

ボーカルの人の声がCDそのままのきれいな声で、しかも上手い。

正統派ギターポップ

◆そして、ここにもしゃべり担当の人、あり。 (やはり立ち位置は右端)

少々、うさんくささとスベってる感はあるものの、にくめない。笑

今までCD出してたレーベルを出て、

今度はビークルのレーベルから出すそうです。

-


◆3番手 capsule

さっきまでのライヴ感から雰囲気一転で、

クラブダンスフロア的ムードに。

(この時、フッて後ろ見たら、後ろの扉のところまで、

お客さんでいっぱいで、ぎゅううって埋まっていた。)

そんな中、ステージにスーッと現れたのは、

やっぱりさっき扉の横に居た人!

中田さん。めっさかっこいい。

◆こっしー登場。 

めちゃくちゃ細くって、ボブ頭に、チアガールのポンポンで。最強。

同じく、ポンポンを持った可愛らしいカプセルガールが二人、ダンサーとして。

左見たら かっこよくて、右見たら かわいくて。。困った! 

 


◆「Are you cRayzy?」のフレーズが響いて

「FRUITS CLiPPER」から始まって、同アルバムの歌ありのやつ全部と、

「L.D.K」から「グライダー」、「do do pi do」を披露。

中田さんもマイク持って歌うことが判明。素敵!

全曲振り付けありで、ポンポン使いながらすごい可愛い女の子の動きを魅せていく

こっしーを見て、やっぱcapsuleってこういうの巧いよなー。と思った。 

 

-

 

capsuleが終わって、ここでDJグルーヴあんちゃんの紹介があって、

その後にかけた曲が、ブー・ラドリーズに、

フリッパーズ・ギター「グルーヴ・チューブ」(!)

私ねー、まさかこんなところで、フリッパー聴くと思わなかった。

いつも部屋でひとりきりで噛み締めてたこの曲を、

こんないっぱい人のいる公の場で聴く日が来ようとは!

思わず周りを見渡してみたんだけど、皆シカトだよ。聴いてないよ。笑 


若干、口ずさんでる人も居たけど。ちょっとさみしかったり。

まぁ、ここで、わあーってなってても嫌だけどね。


 

◆って感じで、楽しいか楽しくないかで言ったら、もうめっちゃ楽しいよ!!

そんな満足感いっぱいで、ライヴがここまできたので、

果たしてバビュンはこれを超えることが出来るのか、疑っていた。

(なんならここでもう帰ろうかなくらい、良い気持ちだったのだ)

 

ところが、それをあっさりぶっ壊したバビューン。

これは この人らの為のライヴです!ってはっきり思った。

 

-


◆トリ spaghetti vabune!

バビューンって、よく知らなかったんだけど、

ボーカル・ベース・ギター3人・ドラム・パーカッションって、

ステージにめっちゃ人が。(こんな多いんか。)

◆「This is guitar pop」から。すごい歌である。

はっきり言ってほとんど知らない曲なのに、それでもめちゃくちゃ楽しかった。

リーダーの男気を感じた!

ギター3本あるとやっぱ違うのと(放つパワーが違うもんね)、

やっぱパーカッションあるといいな。

 

◆今日、分かった事!チイコさん必要不可欠!

動きが良い!あれはギターポップの魅せる動きだと思う。

 

なんていうか、バビューンってすごくエンターテイナー?

私、近くで見てたけど、なんていうのかな、遠くまではっきり見せるような、

分かりやすくいくみたいな、すごいポップ!

ポップはデッカク。by堂島孝平 みたいな感じ。


そんでもって、タンバリンとかシンバルとか、

リコーダーに、鉄っきんに、おもちゃに。

いっぱい持ち替えるところがすごい。心意気。


あと、あの歌い方は彼女にしか出来ない。
(英語の発音とかすごいよ)

-


◆アンコールでcontemodeコンピに入ってた曲をやって、

「Prime Plumstar」の演奏がはじまると同時に、

チイコさんがリモコンでピッてやったら、 

後ろの真っ白なスクリーンにいわきりなおとさん作のカラフルなPVが

ガンッ!と映って、すごい鳥肌がたっちゃった。

やっぱ映像があると違うなって思った。
ポップさ、3割り増しみたいな。


---------------------------------------------- 

 

すごいめちゃくちゃ満足で、

こんなに全部ポップで、

私はすごい嬉しかった!!!!