読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「あ、そうだ。」 2006.11.11 02:55

タイムマシーン(2006年へ) 【日記】

 

 

月って追い掛けて来るんだった。

タクシー乗ってたりしても、その窓から見たら、ずっとついてきてて。

「あれっ?」って思って。

私が速足で歩いても、おんなじスピードでついてきてて。

追い抜いたりはしないで、ずっとずっと。

あれちょっと怖かったなぁ。

 

って、ふと思い出したのだけど、

蘇るその記憶の中の主人公の私は幼く、幼くって、

たぶん永遠に幼い。

 

だから、今その感覚を忘れてしまっていたのも無理は無いなぁ。って。

短い夢の中で律儀な誰かに会った次の日の夜。