読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「シンプル」 2007.01.23 00:48

 

 

 f:id:poetorium:20160328174108j:plain    

 

 

唐突でごめんなさいね。
でも、

ヤ、ヤバイ!!blgtz来る!!!
どうしよ、大阪来る!!!

at fireloop。
天王寺?だっけ?

しかも、コーネリアス神戸公演の次の日。

こわい。2007年、こわい!
もうすぐ双葉双一も見れる、し、
2007年、この始まり方はこわい。

-


去年の暮れあたりから、流れがある。
ものすごい、ギュッと、して、いる。

次から次から、次から。

や、今の私にとってはこの表現、
何も大袈裟ではないんよね。

相変わらず、ループ、ループしているものもあるけど、
何か知らんうちに、とけてたりする事とか。(構えすぎたか?)

あまりにも縮小縮小して、見ているせいかもしれないけど、
元の大きさに戻して、全体像を見たら、何も起きてないかもしれないけど、
流れています。
停まった毎日ではございません。


とりあえず、ひとりきりで噛み締めてきます。ライウ゛ね。
楽しいことは分け合えばいいけど、
これ、それじゃないから。

-



それにしても、なんてまとまりのない日記。

びっくりしたな。
勢いだけで書いてしまった。


でも、
皆、私の中で「音楽」でひとまとまりでは、ない。

別々の軸で、生きる、別物。
決して交わらない。

まるで、何個も持った記憶の季節のように。


いつかの、喉の匂いのする、
グロッケン耳で鳴るあの冬の夜。とか、
クーラーで空気が止まってしまった、
風の強いあの夏の日。
があるみたいに。

でもそれらは、白い壁、階段、坂ばかりが続く、
息すら溜めるあの冬とは、
まったくもって繋がるはずもなく、
かといえば、この季節の延長線上にはない。
あるわけない。

ような、軸が違う。
全ては完全に、


って、何言ってるかわかんなくなったけど、笑


ま、だけど、
一番は決まってるんで。
決まってるからさ。

それありきの別々。


そっちで星は輝いてても、
ちゃんと、

すべては分かりやすい直線じゃないから。


ほら、宇宙みたいなもん。
はよ、課題しよ。