読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「ライ麦畑でなくとも。」 2007.06.29 06:37

 

つかまえてほしくなった

読みかけの本が部屋に散乱していて、
自分はずっと文学少女だと思っていたけれど
アメリもゴダールもメガネ男子も
文科系女子特有の法則って
なんてつまらない。

それより。

「ありがとう」を言い続ける人が前に、
どういう気持ちで私は接したらいいのか
わからなくて、

甘ったるいのばかりを好んで飲む人を前に、
「糖尿になるよ」
とだけ伝えて、
困った顔をした。

スカートを早くから短くしていた子たちは
あんなに早くから女の勘に気づいていたのだと、
そのときわかった。

憎くもないし 切なくもない
待ち合わせに遅れようが走らない。

なのに、今さら     に
なりたいだなんて
はずかしい。


フィクション。


************************

6/26
◆ひさしぶりにカヒミカリィの「クロコダイルの涙」を
聴きながら支度して、学校に行ったなら、
その日の講義は写真家デビッド・ハミルトンの話だった。

アルバム「クロコダイルの涙」収録、
♪「デビッド・ハミルトン」カヒミ・カリィ


日常がこういうことばかりで出来てるって知ってるから、
星占いなんて細木数子だなんて、どうでもよいのだ。

起きれない朝以外は。


ノンフィクション。

あ、6月誕生日だったすべての人たち、
おめでとう。すばらしい日々を。