私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「90年代」 2007.12.09 08:36

 

 

f:id:poetorium:20160330214603j:plain

 

箇条書き。


◆私が音楽に目覚めた頃、90年代はすでに
ビジュアル系と小室ファミリーの全盛期でした。
カローラ2など乗ってる場合ではありませんでした。
狭い範囲で聴くものを失くしてしまった私は最近、
華原朋美安室奈美恵とglobeをヘビーローテでいます。いい時代よ。

◆学科の助手の人が、20代後半で渋谷系どストライク世代なので、
よく話してくれます。
話しすぎると「恥ずかしいわ!」と逆ギレされます。
spank happy菊地成孔と結婚したかったそうです。
その恥ずかしさがうらやましいのです。
「10年早く生まれてたら楽しかっただろうね」
うん。

◆この間、石野卓球宇川直宏を見に、テクノイベントに行きました。
私がテクノをまったく通ってない理由が分かりました。
あんなサディスティックな、私耐えられません。
テクノカットのメガネ少年(年齢不詳)が一人でもくもくとテクノダンス
をするように、私はもっとかまってほしいのです。
やっぱ歌ありきだな。
「卓球」の名の意味がまさに分かった夜明け。


◆明日は、まさか生きてるうちに逢えると思ってなかった
あの方に逢いに行きます。
こんな気持ちの人はたぶん行っちゃいけない場所なんだけれど、
ある光が現実に一歩変わっただけで、
ブルーの準備はしなくていいと信じていく。
それも無意味!
本当のことへ動きつづけては、なんとやら。




水滴の中の毎日はみなもが見えては、顔を出す。
出そうか出すまいか、
顔を出す。
頭だけでも、


あ、そうだ。キノコ頭に戻しました。