私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「パンツをちょうだい」 2008.01.16 03:35

 

 

f:id:poetorium:20160330224509j:plain

 

「真っ向勝負じゃなくて、平和で圧倒的な方法で、状況をひっくり返す、
っていうほうがよくないですか?」


◆1/13
2008初ライヴ
「初~」なんて、そんな粋な単語は否、
大阪ムジカジャポニカで、さかなと割礼を見た。
と言いたいところだけど、
いつものように時間に追い越され、割礼だけを見た。
深海で鳴る。
遅れてくるように。

 

---
終わったらすぐ、神戸。
世界のノイズ王、メルツバウを見る。


◆「本当の」ノイズは心地いい。30分くらい?(i don't know時間)
鳴り続ける中で、耳が弱い私は時折の高音ノイズでは、
浜崎あゆみの件を思い出し、
おお、怖。と思いながら、なんとなく耳をいたわり、
ノイズの渦、で何度か眠った。体育座り。皆潜めながら。
懐かしい気がした

◆終演の拍手で、目覚め、気づけばここはライヴハウス
でノイズは消えていた。


◆学科の助手さんと学校の友達と見に行ったけれど、
気付けば会場内にもう一人の、元オリーブ少女の助手さんも見に来てた。

素晴らしい学科だなあと、はじめて思う。


報告として、
ノイズには生クリームパフェより、チョコレートが合います。

----------------------

◆1/14
成人式。着物よりワンピース。
同窓会行かず
和モダンないつもの私達。

待ち合わせに遅れてくるのはいつも私の方だけど、
そうよ、もうずっと待っているんだから。

パフェと間違えて、パンケーキを頼む。


-----------------------------

平和で圧倒的な方法。

そうだ!もっとずるいことしなきゃ!
私がポップスから学んだことはなんだったっけ。


広告に未来なんかないぞーー


愛されないための今日からの教訓が2007なら

そこからのオートマティックな


当然のこと


こんな動機だけでは足りないかなあ