読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「私上位時代」 2008.05.09 01:45

  

◆詩、一本作るのも疎ましい。


◆私はそういば、思えば四六時中、名前を考えていて、
毎日、ここ10数年以上。
名前をずっと考えている。
あれはまだよくないけれども、
いつも最高の、これで5年、7年は殺せる。くらいの
キラーなものしか、出してない。
何を作るにしても、まず名前。
名前だけの為に形を作る。
大げさじゃない。

私、今ではちょっと前の作品ももう、自分では見れないけど、

いつもキラー
削ってけずって、殺せる部分しか
残してやってない。

デザインのやり方を一気に忘れていた私。
それが、ずっとデザインじゃない。と、おまえがデザインなんか
言うな。と言われてきていても、
それしか

かっこよくない

就職、お金の面を全部忘れたなら、
わたしはポップスターになりたくてただ
あーフリッパーズギターになりたい、
あーコーネリアスに会いたい、
それだけ

絵を描くことも嫌いだし、
単に不純な理由で、ここに。

こんな私を、まだすきだというやつは ばかだなあと、思いながら、
やりかたを思い出したのに、まだ これで、ごめんなさいねえ


被写体になりたい。
名前つけてくれ。


「おフロに住みたい、白くて狭い」(ブックカバーデザイン「デジタル表現」)
「チック然に」(レシピデザイン「デジタル表現」)
「呑めばいいわ」(カフェオレデザイン「デジタル表現」)
「わたしの心、のぞかないで」(絵画「絵画」)
「ステラ」(絵画未完成「絵画」)
「あそんでるの たべられちゃうの」(デザイン「ビジュアルデザイン実習」)
「あの人は現実よりもキュンとなる方法を知っているらしい」(文字「タイポグラフィ」)
「バスタブでゆううつな時にかんがえてた。スカートの中で過ぎる時間。/大好きな絵の中に閉じ込められる」
(リーフレット詩デザイン「タイポグラフィ」)
「plastic girls talk discotheque」(半立体/ポスター/仮装「自主制作」)
散文詩を巻き散らかして、世の中で働かせたい」(散文詩/デザイン/立体「自主制作」)
「水面下のオートクチュール」(展示空間)
「水中下のインフォメーション」(詩文「情報編集発想」)
「水よう日のレインコーツ」(銅版「版画」)
「水滴の中の毎日」(半立体絵画「自主制作」)
「点と線、十色 それはエレジーではない」(ポスター)




思えばなんにもつながってないじゃないか。


現れるもなにも、もう存在すら忘れにかかったころ、
わたしは、青でも赤でもキミドリでもなく、
金魚鉢の底に沈みゆく氷砂糖のような存在であります。
ファンタジーなんか原色なんか必要なく、

ああ、すみません。明日の予習です。