私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「私のつづき」 2008.06.06 00:33

  

◆5/18
堀ちえみみたいな髪型に飽きたのもう。
気づいたときはその時
エクステンションを編み込む。乙女のヒミツは50本。内緒ね。
時間を買ったことにきづく。時間はいつも高いね。


◆年上の男の人がふたり
 何話すんだろうって思って、一緒に帰った。
「細胞」の話とか「宇宙」の話とか、
 半分ジョークで半分本気の、ふたりのセカイカン。

 教科書読んでも載ってない、その言葉達を借りているだけで
 じつは話してる当人達にしか分からない、あの感じは
 !私達が「無」とか「超ひも理論」とか言っているときに似ている!

 要はテンポとリズムの問題。速度。ジョークと回転の速度。
 教養と思想があればなお良し。なんて、人生の絶対量の関係。



◆5/19
 イラストレータ中村佑介こと中村さんの個展を見に、大阪へ。雨。
 あ、会場のARTHOUSEだ。と思う前に、たばこ吸ってる中村さんがいた。
 今思えば、タイミングを欲してるひとたちもいるなかで
 それもドジョウのようにツルリとこぼす
 タイミングよりも勝るなり、恋心。羞恥心。 

 皆が何かを期待してそわそわ礼儀正しくしてる空気
 はじめてよんでもらった人の部屋、の時のきもち。
 だって、かかってるBGM。口笛ふいてる中村さん。
 ろっかばいまいべいびい、ひさしぶりに聴いた。

 あのあと、傘を忘れたらしい「かめ」ちゃんを
 まんまとじぶんの傘に招きいれて、途中まで一緒に帰りました。

 悩みが、ない。ことに気づいた!


 そして、おととしの初夢がやっと正夢になった。



◆5/20
はじめて名前で呼んでもらった日、には
デジャヴかとおもって、フラッシュバックしている間に
無表情ギクシャクした私に
つぎの二度目なんて。
こんどはわらわなくっちゃ!


◆5/26
死んだもん勝ちな日本の傾向も知っているけど、
やっぱりそんなふうには言わないで。
誰かが命に別状のない状態で死ぬのは
やっぱり寂しい。
大好きなわけじゃなかったのに、とても考えた。



◆5/?
おもしろいものを素直に「おもしろい」って言えていいな。
って伝えたあとに、私はフィルターが張ってるから、
すぐ「嫌」って跳ね返しちゃう。
って言ったら、
「そっちの方がいいよ」って。

人はじぶんにないものを敏感に知りながら感じながらいきている。

むこうが無色シンプル、わたしが原色柄ものの服を
着てるっていうのは、言うまでもないことなのだろうか。



わたしは

つづく!