私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「デストロイ・不思議、スキ。」 2009.05.04 06:22

 

f:id:poetorium:20160411213506j:plain

 

◆さいきんは寝る前に「エスパー魔美」を1話ずつ見ることにしてる。
エスパーであることもすごいけど、
魔美ちゃんはお小遣い稼ぎにすぐ全裸に。
平日7時にやってた、なんて斬新アニメ。
やっぱり・名前に「魔」のついてる女の子はこう、
パッ!といさぎよく!
緑魔子のように。



◆古書を探しに、元町周辺の古本屋さんを5軒くらいまわった
けど、ああいうのって。シロウトの私にはまるで勘が働かず。
積み上げられてる本の中から、つかみ取る。
って、やっぱりこう。けっこうなコツがいるみたい。
方程式は、匂いとタイミングですてきなサムシング。
昔のエロ本ってかわいい。
歩きつかれて、帰る。



◆じつは、古着屋に行っても時めかず。
じつは「マッシュルーム」の熱も覚めてる。ここだけの話。
夢夢子さんの待つ、サイケヘアサロン「夢屋」さんにも
たいぶ長いこと電話予約してない。
それどころか、エクステ付けようかしら。(乙女)
なんてデストロイ!ふざけんな!

なので必死に今、初心にかえって
よかったマッシュルームの事を
思い出している。あの人にあの人にあの人。
だって、卒研にも、私のキャラクターにも影響するじゃない。

 

 

◆漫画のように。
「隙」と言ったつもりだったのに、
「スキ」というニュアンスで伝わりそうになって、
あわてて、「ち、ちがうよ、隙ありだよ。」と。

 


私だけが、私の恋をああ、未確認ー

 

当分、マッシュルームにはたぶんきっとしない。
でいれるの、だろうか。