私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

( 細胞レベル ) 2009.07.12 15:08

 

なんとなく、いつも見ないけど
ハードディスクをさぐる。
NHKでのりんりんの特集を見る。ドキュメント。
学校に行かないこども、ものづくり、原点、歌い手。
ラジオから魂のある唄声の時代。

夢、過労。

そのあと、長い間見るのをためらってきた、
去年か、いやおととしかのNHKでのコーネリアスの「中目黒テレビ」を見た。

やっと見れた。


やっぱりかっこいいものはかっこよく細胞レベルでよみがえる、いつまでも


ひとりきりで感性なんてはずみそうもない。
ひとりの細い延長よりも、外部、特に「すきなもの」からの
突発的な高騰の方が明らかに何倍も細胞が
生まれ変わる。

 

と、身をもって。