読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「人であり、つづける」 2009.08.24 03:52

タイムマシーン(2009年 闘病アトピー編へ) 【日記】

 

 

ここ何日か積み重なって、はどめは効かなくて。
最後の猶予みたいな気分で甘え のように。
バターに卵にお砂糖に。

隠れて食べる市販のふつうのお菓子は、
砂糖がジャリジャリしてるのがわかるくらい砂糖にまみれてて。
おいしい。なんてもうピンとこなかったけど。
それでもなんだか、沼から足が抜けなくて、
8日くらいは過ぎる。

 


あなたのことも、自分のことも まともに考えられないくって。

8月も終わる毎日にタイムリミットをつくると、
なんだか憂いが出て、わざわざ破ってすることひとつひとつ
すこし美しくみえる 気がしてる でも
抑制は、わたしの場合 いつも
自暴自棄のきっかけ

人生2回目の漫画喫茶の暗闇の下で、
久しぶりに
CLAMPの作品を読んで [CLOVER]


ほんとにすきなものとか、
読んでた小学生頃おもってたこととか、おもいだしたり、
あのときからカナシミに重点をおいてた楽しいも明るいも
美しさにおもえない かんかくのまま
この椅子に座ってるのが 、私。


ちいちゃんはげんきかな。
ってさいきんおもってる。


次の日には、
「ねえ、
 すきなひとのこと考えたら きゅんってする?」
って聞いてくるこがいた。

まつげのながさとか、腕の重さとか、
くっきり私に残っていることが
もう答えになるじゃない。って、
思うことにする。



職業とかお金もちとか、役割とかそういうの
ぜんぶ越えた生きてる果てでわたしが
ほんとうになりたいものは
母性の水溶液。

 


肉体もなくして、体温と、情だけになりたい。
これは男の人には きっと変化できないものだとおもう。

手塚治虫火の鳥」の姿形のないバージョン。
なんだかSFチック。

でもそれこそが生命力と憂い

なんて。



タイムリミット付きのなかで、


取り戻すこと、はじめること、終わらせること。
どうか
選ぶこと。