読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「休学しました。」 2009.11.13 01:02

 

ごぶさたしてます。
私、こたにななは、11月12日付けで、
大学を休学いたしました。

今現在の私自身の状況や状態のことを
面と向かって聞かれても、
キャラクター上、今までもこれからも
テキトーにしゃべり倒して、ほんとうのこと・そこにあらず。
なので、どうか、ここに。

弱さ弱点をかたくなに見せたくない私が
やっとのことで
包まず素直に具体的に書こうとおもったのは、
私を心配してくれるひとたちが居るからです。
心から
ありがとう。



◆生まれた時からの持病であり、今の今ままで
ずっと薬で抑え続けて状態を保ってきた
アトピー性皮膚炎を
今年の秋から、脱ステロイドしました。
薬を捨てました。


◆ちまたで言われるとおり、
ステロイドという薬には副作用があって。
あるとわかってても、使わなきゃ普通の女の子として
いられなくって今まできました。

でもやっぱ、
使いつづけると、やがて効かなくなるどころか、
さらに皮膚が薄くなる、赤くなる、
気づくとアザができている、
色素沈着で肌が黒くなったり、
免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなったり。
あと、すこし、うつぎみにもなる。

私の場合、長期間使用で、腎臓と肝臓がやられてる。
体温調節が少しうまくできない。


麻薬のように、使ってはおさまり、切れれば再発。
の、悪循環スパイラルで。



◆それでも、現代の医療では治る方法はいまだ見つかってなくて。
アトピー」っていうその病名だって、ギリシャ語で
「原因不明」とか「わからない」って意味らしい。

薬は治療ではなく、ほとんど気休めで、
診察5分や西洋医学にどうしても希望が見いだせなくって。



◆そして、今まで避けてきたけど
日常生活のなかで、私は他人ともっと関わりたかった。

深く関わりたいと思った他人が現れたこと
それが私を根本治療っていう
抑えるじゃなくて。中から治す!って決断への
大きなきっかけになったと思う。



◆それで、前回の大分旅につながりました。

 

poetorium.hatenadiary.jp


アトピーに限らず、食事療法で大勢の人の病気を治してきた
人のもとをたずね。
1週間だったけど、体が少し変わってきてるのがわかって、
食べるものや水がいかに体をつくってる
大事かがわかって。



◆治療方法としては、
血と腸をきれいに、体温をあげるため、
マドンナとか教授がやってるマクロビオティックに似てる方法。
でも治療だから、もうちょっと厳しいの。

----------------------------------

◆一日2食。
血をきれいにするために朝はナシ。

添加物に反応するから、食材はすべて
国産100パー、完全無農薬・無化学肥料。
だから・とてもかぎられてて、
外食はもちろんなし。こわいから。


◆玄米が主食。(白米より栄養があって、排出効果があるから)
それと、野菜や豆類、海藻。
その季節にとれる
旬なやつを皮とか丸々食べる。(栄養とか生命力のもんだい)

◆肉・魚・卵・乳製品は、家畜の段階でエサに抗生物質
混ぜられてるから、アウト!
白砂糖は、体を冷やして、カルシウムとひっついて欠乏するから、
アウト!

小麦粉も、利益の問題で外国産がほとんどで、
国産無農薬100パーはほぼなくて、いま我慢。


◆そして調味料は原料にこだわった、お味噌としょうゆと天日塩。
油は、植物性の菜種油やごま油、オリーブオイル


---------------------------------



こんな感じで、よけいなものを入れず、
今までの悪いものを出すことが私のすべて。


◆食はほんと大変で、周りにはこんなにコンビニとかお店が
溢れてるのに、お弁当を忘れると、私は、
餓死してしまうイキオイです。

でも、食べれるものをおいしく食べること、
それは今ほんとうにとてもしあわせで。


◆フォトギャラリーに今すごい勢いで
「治ったら、食べるんだっ!」とかやってるけど、
ほんとうは。食べたい!っていうよりも、
「生きるための、イメージ」をたくしてるような気もちで。


◆この他にも、
お水のこととか、生活用品とかもいろいろあって。
気づかなかったけど、薬はいま世のなかに相当不可欠みたいで
除くのは無謀なくらいたいへん。
みんなよく生きてるな。って思うほど。


***********************


◆つらいのは、
「悪いものを出す。」

今まで抑えてきてた症状をぜんぶ放つ、ってことで。

抑えるものもなく、症状が出っぱなしなのは予想以上につらくって。
日に日に、グロッキーになる体。
表面はとめられない。

体を動かす、外へ出ることがいろんな理由で、
正直めちゃめちゃ辛いです。

たまに入るバイトも実はけっこうもう限界で。

でも人に会えるのはうれしくって、
でもやっぱ 少しつらくって。



◆「良くなる前は一時的に悪化する」
好転反応」だと信じてはいるけど
確信なんてなく。
いつまでつづくかも、予想できなくて。


お化粧できないこと、大好きなスカートやタイツがはけないこと、
パーマあてたり、なんせ、いろいろできない悲しさとか。
あるけど

それでも、今 わたしはほんとに色んなひとに支えられていて、

 


人のことばで、また持ち直す。


へんな言い方だけど、わたしは
まだ生きてる。


だから、あきらめちゃいけないと思うし、

なんで普通に生まれなかったんだろうって思うこともあったし、
他人に説明するのも面倒で、
言っても、くれる言葉によっては、気安く言いやがって。

って正直思うことも、あった、ある。けど、
もう、だれのせいにもしない。



なんとか頑張れば、卒業、もしくは半年オーバーで
済んだいまになっての決断ではあるけど、
とてもこれは前向きな「休学」です。


どうか
できることなら、
「大丈夫?」より「大丈夫!」がいいな。


止まない雨はありません。きっと。


長文読んでくれてありがとう。
私がいなくなって、さけびたいくらいさみしいって
言ってくれた、あなた
ほんとうにありがとう。

心から。


こたになな