私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「僕らが街を選ぶ理由」  2010.11.21

 

相も変わらず、選ばれない人生を。

いや、選ばれたい!

チョイス・ミー

 

さくっと!朝だ。

 

◆11/4 (神戸)

先生とご飯をご一緒した。

あっと言う間だった。ディズニーランドのような非現実な速さで。

なんというかすごい。

 

(そのような世界に私は足を踏み入れようとしてるのか、)と思うと、

胃がキリキリするような、何者でもないような、

ちょっと酔った。

容量はいっぱい、

 

一度しかない人生だわよ、

ね、そうだわよ。

 

-

 

◆11/21 (東京)

大事な大事な奇跡的に期間がかぶった展示を観に。

人生がクロスする時を不思議に思いながら。

 

f:id:poetorium:20160507045017j:plain

f:id:poetorium:20160507045036j:plain

f:id:poetorium:20160507045048j:plain

 

やっぱ神戸の空気・匂い・質感が好きすぎるけど、

東京はいたる所で展示をやっていて

情報公開していて、「生活にアートが根付いてる感」があって。

 

「特別」じゃなくて羨ましい。

 

 

◆夜は先に「東京」を選んで旅立って行った、

もう仕事してる同級生の皆と会った。

「ゼミ会」以外で初めて皆と外で呑んだ、

 

「私、まだ学校に居るんだ!」っていう鉄板キャラも板につく

思い出の輪郭を見ながら、

なんか嬉しかった夜だった。

 

 

皆は各々、それぞれの沿線で帰って行きました。

向いのホームでドアが閉まる寸前の顔をまだ覚えている。

 

 

2010.11.21 / 2016.5.8