私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「あの二日間」 2011.2.9

 

◆1/26-4:51

本一つまともに作れなくて、

お金もなくなって、

皆の方が凄いと思うのに、胸はれる物でもないのに、

頑張ったで賞。くらい、

誰かに言って欲しいと思うなんて。

傲慢だ、情けない。

悲しい。

 

-

◆1/27-3:02

あれ?

 

また救われて、私は。

いつも愛。

 

ほんで、神様は悪い事をしたらすぐバチをしかけてくるけど、

こういう出会いと救いをかかさず挟んでくる ニクイヤツ。

憎めない。

 

-

 

12:55

おはようございます。紅茶を飲みます。発表の文句を考えます。

 

原稿をうっていますが、もう手が震えているのがわかる!

頭が回らなくて言葉がカチコチフリーズしてて、

どうやらスルリと、取り出せない。

 

-

 

◆1/28-3:57

 

とても、中途半端。

賞をもらうでもなく、買い取られるわけでもなく。

ぜんぜん嬉しくない。複雑。

でも賞された子達、本当に素晴らしかった!納得!

 

4:00

精進します!! 

 

-

 

◆2/9

やっぱり、つながっている。

私は運命論者ではないけど、

やっぱり時間は未来から過去に流れている

つながっている。

 

必至にバランス取ろうとしてるけど、

バランスの取れてない天秤座で、

バランスが取れる時には、幸せになれるのだろうか。

 

昨日、先生に進路をアーティスト宣告されたけど

私、決めなきゃ、

 「自立したブックデザイン」、

それと あぁ「家出」