私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「赤い線の青い背景で待ち合わせ。」 2011.2.17

 

 

雪の降る今、また会えて嬉しい。

赤に塗った途端に、また会えて嬉しい。

私は「家の中で花火」という唄を聴いている。

もっと自分の言葉で書こう。リズムを持って。

ずれない語呂を合わせて。

言葉に意味なんか要らないと思ってる。

語呂がすべて!

譜面が書けないから、わざわざポエトリやってるんだから。