読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「文学フリマ」に出品しました。 2011.06.12

 

f:id:poetorium:20160515050347j:plain

 「第十二回文学フリマ」 東京/大田区産業プラザPiO

 

 ◆6/12

文学フリマ」という“文学”に関係する冊子を即売する、

コミックマーケットの”文学”ver.のようなものに初めて参加しました。

 

「不確定視覚内容物(Indefinite Visual Contents)」

という1人の男の子が主宰し、毎号テーマを決めては個人的に発行し、

大学内で配布しまくる不思議なZINEシリーズが今回学内を越えて、

「東京」で販売するという事で!私も6ページ書かせてもらいました。

 

 

◆「ことばの伝達」をテーマに、それぞれがネットカルチャーや身体ランゲージ、

写真などを介して個人で解を述べるなか、こたには詩で参加しています。

 

『断固、空間主義。 23才に資本主義は恋愛よりも難しい。』(詩+エッセイ)

『言葉のテーマ コンクリートの向こうへ』(宣誓詩)

-----------------------------------------------------------------------------

今回は試みとして、あまり解体を強くしていません。

元の原文(詩)を大事にする為に、

今まで意識して削ってきた接続詞も残しています。

削る際に強く感じてきた葛藤と疑問とに、顔を合わせられた気がします。

3.11の時の私の日常が基盤で、それでも23才の明日の悩みの方が切実で、

でも世の中が大変で、でも「今30円足りなくて、切符買えない。」みたいな

そんなふわふわとした現実の切実さと。

 SPANK HAPPY「ジャンニ・ベルサーチ暗殺」を聞きながら、

理想郷が崩れる瞬間、みたいなのを重ねて。。

書けてよかったです。

-----------------------------------------------------------------------------

 今回1冊500円という価格の中、ご購入してくださった方々、

大変ありがとうございました。

 

 

一部割愛や字が小さく読めないページもありますが、

こちらアーカイブでサンプルをご覧頂けます。

「no.0」をクリックしてお読みください。

 

ivcdesign.tumblr.com