読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の天秤の上、全部いっしょくた

「こたにな々 日記帳」 文から何も気付かなくていい、それだけが私の願い。

「ひこうき雲」 2011.1.17

タイムマシーン(2011年へ) 【日記】

 

日が迫ってくる

 

「泣いても笑っても最後なんだよっ!」

って自分に言い聞かせてみるけど、

泣いても笑っても、 なんて。

変な日本語だね。

 

 

◆1/17

 16、

なんの数字かと思ったら、そうか、もうそんなに経ったのか。

 

当時、神戸の小学1年生で被災直後も「地震(じしん?)」

が分からずに、

テレビで高速道路がレゴのようにぶっちぎれているのを目にしても、

それが「なに」を映しているのかよく分からなかった。

 

ライフラインが復旧するまでの時間経過をうまく思い出せない。

 

映像を映すTVの縁、とTVを置いてる窓際のカーテンの丈、

それを敷いているカーペットの色、

そこを見ている小さな私の後ろ姿。

この一場面をよく覚えている。

 

(あれは何日後だったのだろう。)

 

 

◆そんな私もある程度は(たぶん)物事の分別をつけられる歳になり

当時、家が倒壊した祖父は現在も健在です。

 

ツイッターの検索に「震災」と入れると色んな方々の当時の思いが沢山出てきます。

すごい世の中になったと思う。

 

大人に育ちました。

 

パン屋もカフェも菓子屋も雑貨屋もこんなに溢れている、

頑張った神戸が好きです。

 

 

◆合わせて、9.11も思い出す。

あの時見た「ビルに飛行機がつっこんでいく」映像は、

まさに高速道路がぶっ倒れてるのを見た時と、同じ気持ちだった。

 

-

 

全然関係ないけれど、

 

なんでしょう、荒井由実を聴いている時にだけ、

世界に知らせたくなります、

私は今、。です、と